スポンサーサイト

Posted by padome on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に聞くという事

Posted by padome on 18.2017 0 comments 0 trackback
a1130_000213.jpg 
マイケルのセミナーでは「本当に聴く」という事を最初に話をされます。
メモを取りながらでは、本当の意味では、聞いていないと。
3年前初めて参加した時は、メモ魔の私がメモを取らない。
「ちゃんと覚えてられるだろうか?」それがまず心配で仕方ありませんでした。

なので「どうしてもここは」という箇所はメモをしていました。
(メモしても別に注意されることはありませんから)

去年は、2度目の参加。やはりメモの用意をしながら参加しました。
すると・・・マイケルの話は大体去年と同じ内容なのです。

「え!?」同じ内容を5日間もしかしてするの・・・?
少し残念な気分になりながら、メモをすることをやめました。
(去年も聞いてるし)

1日2日とするうちに・・・不思議なことに気づいたのです。
前年も一緒だった参加者の人たちと話をしていて
「去年マイケルこの話はしなかったよね~」
「え~。話してたよー」
「でもこれは話してなかったよね~?」
「それ、いつも話してるよ!」

人によって、聞いてる部分とまったく聞いてない部分がある事に!
去年のインテンシブ以降「聞く」という事に意識をしだしました。

マイケルが言う通り
メモをしながら聞いていては、知識としてははいるけれど
本当の意味では聞いていない。

会話している時などでも、相手の話を聞きながら
自分の思考をぐるぐるさせて、それについての自分の事を考えたり
返答の仕方を考えたりしながらでは、相手の話を本当には聞いていない。
考えながらちゃんと聞くことは出来ない。

これを日常的に出来るだけ「聞くように」意識しました。

すると、今までいかに聞いている話の中で聞き逃しているものが
あることに気づきました。
(だからよく、何度も同じことを聞いたり、聞かれたりするのかぁ~。。。とも)

そうして今年のインテンシブでは
メモ用のノートすら持ち込みませんでした。
一応夜の時間にホテルで仕事のアイデアをまとめようとノートは
持っていきましたが、それすら開くことなく過ごしました。

今回もいつもと同じ話と、新しい話を混ぜながらのセミナーでしたが
実際はどれも私にとって「新しい話」でした。
過去のインテンシブの後、自分なりに意識したことや
行動に移したことによって、自分自身の視点が変わっているのだと思います。

同じ事でもひとそれぞれ受け取り方が違うように
去年の自分と、今年の自分は同じではないのだから

大事だと思った話を覚えていられなかったら・・・という不安も
なくなりました。
たくさんの話の中で、自分の中で思い出すことが今の自分に一番
大切な事。だからそれを実際に知識としてじゃなくて
自分がそう意識して過ごす事がどれだけのギフトになるか
そう気づいています。そしてそれを信頼します。

セミナーから帰った後も、どんなことを聞いて
どんなことが大事と思って
どんな経験をしたか・・・今年はむしろ書き出すまでに時間がかかりました。

講義で聞いた。インナーワークで体験した。
それらの事が自分のエネルギーレベルでそのまま
融合していくまで、しっかり思考は休ませておこうという考えに
いつのまにかなっていました。


今までスピリチュアルなスクールやセミナーで
録音したり、山のようにメモをしたりしてたもの。
無意味だったとは言いたくないですが、それでもどれだけの事が
今私の役に立っているんだろう。。と思います。
たくさんメモした中の、やはり一番印象に残って
そのように自分が意識して変えたものしか残っていない気がします。

知識をためる事より、実際に1つ2つでも、行動や意識を変える方が
素晴らしいんですね







スポンサーサイト
Category : 未分類

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://treeofgrowth.blog13.fc2.com/tb.php/44-3db40eb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。