FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by padome on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去を癒す。

Posted by padome on 10.2018 0 comments 0 trackback

過去を癒す。
インテンシブのワークで、過去の関係性を癒すワークがあります。
今迄長い間、自分のインナーチャイルドや人とのあいだに起こった痛みを
色々なワークやセッションで癒して来たので
正直あまり無いので実感がなかったワークですが…



今回、マイケルが説明している時にちらっと「過去世」という言葉が入って来ました。
すると、20年近く前に過去世退行で見たイメージと
その5〜6年後にいきなり友達が見た
私の後ろにいる存在からのメッセージを思い出しました。



長くなりますが・・・
友達が見た存在は、中世の鎧を着た騎士で「顔を見せないしネガティヴな奴…」(笑)。
「でもそいつが、思ってることを言え!お前は誤解している。と言うから話すんですが…」
と長い間彼女が私に対して持っていたわだかまりの原因。
それまでとても慕っていてくれた彼女が、私から離れて行った原因を話し始めました。





話しを聞く私の顔やエネルギーを見て彼女が
「全て私の誤解だったんですね!すみません!」と解って謝ってくれたのですが…
私には何がどうなっているやら




彼女が言うには、私の後ろにいるネガティヴな騎士が、ずっと説明していると(笑)
しかし、一体この騎士は何者なんでしょう?と言うので、なぜかその時私は
「あ。それ私。私の過去世」と言い出しました。
見ている彼女は「ええ~??ネガティブですよ!」と驚いてましたが
言った後に、過去世退行で前に見たイメージを思い出したのです。





中世の鎧を着て、親族に裏切られ、投獄されてる姿を。





そのセッションの時に、後2つ…
姉に騙され全てを奪われた過去世。
侵略者と戦おうと集まった村人に土壇場で尻込みされ
裏切られた過去世。も見ました。





その時の退行催眠のヒーラーさんが
「この経験があなたに伝えているのは何?」と私に聞いた時
まだ催眠状態の私が、理路整然と答えました。
(あまりにもしっかり答えたのでもう来なくても大丈夫とまで言われ…)





ましたが…^^;


他の退行催眠で見たことは、今でもはっきり覚えているのですが
ヒーラーさんもびっくりなくらい、しっかりとした答えを…忘れてしまってました。
(今でも思い出せません)




その時彼女が「何で顔見せないの?」って聞いたら
この人が、愛を解った時がくれば。って、訳わからない事言ってます」
そう伝えてくれました。





その後一度、思い出すような出来事はありましたが、10年以上忘れてました。
その愛についてのメッセージも、過去世退行でのテーマも







その事がいきなり、マイケルの説明の時の一言で、ばばーっと思い出しました。
それで、過去を癒すワークは過去世でやってみようと、決めました。






鎧の騎士の過去世は、投獄されて悲しい場面しか見なかったので、他の2つを。

すると、2つの過去世共に「現在」に持ち越している概念と
感情がある事がわかりました。
また、会社員時代はそれを元に生きていた事。
そして今は、そういう環境じゃなくても、違う形で残っている事に気付きました。





それは、家族や自分が大事と思っていた仲間に裏切られた事からの
「人を信用しきれないから、自分がやる」というパターン。
仲間や家族が大事なのに、どこかで「自分が責任を負う」という気持ち。




それは、相手が…と言うよりも
自分への愛と信頼から自分の人生を歩いていなかったから。
という事が、マイケルのインテンシブでの教えで理解出来るようになった
「今」だから見えて来た事だと気付きました。




全てはタイミングです。
昔聞いた時に、誰かに答えを貰っていたら
もしかしたらそれ以上深い部分での理解は出来なかったかもしれません。
忘れてしまっていた事もギフトでした。





まだ、愛のしっぽを少し掴んだ位ですが、すでに家族に対する意識が変化しています。

もっともっと、日々意識して、信頼と愛の選択をして行ったらまた
いいタイミングで鎧の騎士と対面出来る事でしょう。
スポンサーサイト
Category : マイケル

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://treeofgrowth.blog13.fc2.com/tb.php/48-d47f97c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。