スポンサーサイト

Posted by padome on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去を癒す。

Posted by padome on 10.2018 0 comments 0 trackback

過去を癒す。
インテンシブのワークで、過去の関係性を癒すワークがあります。
今迄長い間、自分のインナーチャイルドや人とのあいだに起こった痛みを
色々なワークやセッションで癒して来たので
正直あまり無いので実感がなかったワークですが…



今回、マイケルが説明している時にちらっと「過去世」という言葉が入って来ました。
すると、20年近く前に過去世退行で見たイメージと
その5〜6年後にいきなり友達が見た
私の後ろにいる存在からのメッセージを思い出しました。



長くなりますが・・・
友達が見た存在は、中世の鎧を着た騎士で「顔を見せないしネガティヴな奴…」(笑)。
「でもそいつが、思ってることを言え!お前は誤解している。と言うから話すんですが…」
と長い間彼女が私に対して持っていたわだかまりの原因。
それまでとても慕っていてくれた彼女が、私から離れて行った原因を話し始めました。





話しを聞く私の顔やエネルギーを見て彼女が
「全て私の誤解だったんですね!すみません!」と解って謝ってくれたのですが…
私には何がどうなっているやら




彼女が言うには、私の後ろにいるネガティヴな騎士が、ずっと説明していると(笑)
しかし、一体この騎士は何者なんでしょう?と言うので、なぜかその時私は
「あ。それ私。私の過去世」と言い出しました。
見ている彼女は「ええ~??ネガティブですよ!」と驚いてましたが
言った後に、過去世退行で前に見たイメージを思い出したのです。





中世の鎧を着て、親族に裏切られ、投獄されてる姿を。





そのセッションの時に、後2つ…
姉に騙され全てを奪われた過去世。
侵略者と戦おうと集まった村人に土壇場で尻込みされ
裏切られた過去世。も見ました。





その時の退行催眠のヒーラーさんが
「この経験があなたに伝えているのは何?」と私に聞いた時
まだ催眠状態の私が、理路整然と答えました。
(あまりにもしっかり答えたのでもう来なくても大丈夫とまで言われ…)





ましたが…^^;


他の退行催眠で見たことは、今でもはっきり覚えているのですが
ヒーラーさんもびっくりなくらい、しっかりとした答えを…忘れてしまってました。
(今でも思い出せません)




その時彼女が「何で顔見せないの?」って聞いたら
この人が、愛を解った時がくれば。って、訳わからない事言ってます」
そう伝えてくれました。





その後一度、思い出すような出来事はありましたが、10年以上忘れてました。
その愛についてのメッセージも、過去世退行でのテーマも







その事がいきなり、マイケルの説明の時の一言で、ばばーっと思い出しました。
それで、過去を癒すワークは過去世でやってみようと、決めました。






鎧の騎士の過去世は、投獄されて悲しい場面しか見なかったので、他の2つを。

すると、2つの過去世共に「現在」に持ち越している概念と
感情がある事がわかりました。
また、会社員時代はそれを元に生きていた事。
そして今は、そういう環境じゃなくても、違う形で残っている事に気付きました。





それは、家族や自分が大事と思っていた仲間に裏切られた事からの
「人を信用しきれないから、自分がやる」というパターン。
仲間や家族が大事なのに、どこかで「自分が責任を負う」という気持ち。




それは、相手が…と言うよりも
自分への愛と信頼から自分の人生を歩いていなかったから。
という事が、マイケルのインテンシブでの教えで理解出来るようになった
「今」だから見えて来た事だと気付きました。




全てはタイミングです。
昔聞いた時に、誰かに答えを貰っていたら
もしかしたらそれ以上深い部分での理解は出来なかったかもしれません。
忘れてしまっていた事もギフトでした。





まだ、愛のしっぽを少し掴んだ位ですが、すでに家族に対する意識が変化しています。

もっともっと、日々意識して、信頼と愛の選択をして行ったらまた
いいタイミングで鎧の騎士と対面出来る事でしょう。
スポンサーサイト
Category : マイケル

自分が自分を創っていく

Posted by padome on 19.2017 0 comments 0 trackback
イルミネーション

今年もあっという間に過ぎていきますね。
きょうの関東はぽかぽかな一日でした。

色々なスピリチュアルなスキルを覚えたり・・・
色々な本を読んだり・・・
色々学んだり、セッションを受けたりしてきて
多分最初に興味を持った時から数えたら
20年以上たちましたが

色んな事をしてきたうえで本当に大切な事は
自分がしなくてはいけないという事

ヒーラーさん達は、そのお手伝いをすることは出来る
ティーチャーたちは、その人が自分の中から答えを見つけ出す
ヒントやきっかけを教えてくれる。

でも・・・
その中で自分が自分の世界を見つけて創造していく事は
誰にも代れない事。

だから、自己信頼=自己愛が本当に大切なんだって
今は心から思えるようになりました。


スピリチュアルなワークショップやセミナーで
お題には載せてなくても、ちらほらとそんな話を
少しづつ織り交ぜてしています。

愛や信頼についてって、本当は深く探求すればするほど
そしてコツコツ実践すればするほど
自分の世界が変わってくるものなのですが

私もそうでしたが
つい、誰かに簡単に教えてもらう事や
色々なスキルを使う事ばかりに意識が行ってしまいがちです。


もちろんそれらも自分の助けにはなります。
けれど、ベースに自分自身との関係。
信頼。愛。があるのと無いのでは大きく違ってくると
振り返ってそう感じました。

長い間探して探してきたものは
自分の中から創り出し、引き出していくものだと
ようやく真実が見えてきたという感じです。

毎日小さな習慣から始まる事
毎日毎日意識する事
自分を尊重する考えをして
不安から物事を選択しないようにしたり

自分をリラックスさせる事を選んで
自分を追い込むような事は選ばない。


ふと昔友人が言った言葉
「お宅の娘さんは緊張感が無いですね」と塾の先生に言われ
「申し訳ありません」と謝ってしまって
何だか腑に落ちなくて「緊張感って必要だよね?」って
聞いてきた事を思い出しました。

なんとなく緊張感を持って(そう見えて)している姿を
真剣にしているって評価されがちだけど
私は緊張している運転手の車には乗りたくない!(笑)
と言いました。

リラックスして集中できている方が
十分能力を発揮できると思っています。


一日の中で何度か自分の呼吸の速さや
体の感じ(緊張感や硬さ)に気づいてあげようと意識すれば
自然と自分の状態がわかるようになります。

そして自分が無意識に考えている事話す事が
自分を豊かな気持ちにするような考えなのか?
それとも、縮こませるような考えなのか?
気づこうとするだけで、そこから変わっていくと思います。


もうすぐ冬至
自分を縮こまらせるような考えに気づいたら
どんどん「それはもうやめよう!」と手放しましょう。
そしてそれ以降は新しいエネルギーが増えていく時
お正月街の静かなエネルギーの中
自分を豊かにする考えをたくさんするように
すると良いかもですね☆






Category : 未分類

関係性を癒す

Posted by padome on 09.2017 0 comments 0 trackback
hana-a3.jpg
マイケルのインテンシブの中で「関係性を癒す」ワークがあります。
今相手との間に問題がある人や
亡くなった人や・・・
今回ちょうど昨年の今日亡くなった友人に対してワークしてきました。

不思議なんですけどね。。。
その友人とは、いつも仲がいいとか、共感する事って
少なかったんです。
なのに良く一緒にいてはお互いの中にある「画像」を光らせあって
居心地悪かった事もお互いにたくさんありました。


なのに・・・なんで付き合う??って不思議でしたが
基本的な「意識の在るところ」がとてもとても近くて
日常的・感情・思考的には共感する部分が少なくて反発しあってました。
お互いの話し方も
感覚的な彼女と・・・
理論的な私・・・
お互いに理解しにくい部分も多くて


彼女が末期がんだと聞いて、再会してほぼ1年
一緒に行動したり、電話で話したりしながらも
今までと同じように意見が合わなくて反発しあったり


でも、気づいたんです。
彼女が亡くなる少し前から、亡くなってしばらくの間
今までよりももっともっと彼女のエネルギーを感じました。
それは、私がふとエネルギー的な事で
他の人に聞いてもヒントにならない事があると
いつもきまって彼女に話してたことに



誰かに答えを教えてもらうのではなくて
話して、また疑問を投げかけられて、違う意見を聞いて・・・
結果
そのたびに自分の中から答えを引き出す事につながっていて
そのお手伝いをお互いに無意識にしてきた友達だったと!

だから亡くなってすぐに、そう話をしたくなって
「彼女がいたらなぁ~」って思った時に気づきました。
本当に亡くなってしばらくは、彼女に向かって話しかけて
繋がっている感じでいたんですが
一定期間を過ぎたらとっとと、元の世界に帰ったみたいで(笑)


この気づきを彼女とシェアしたくて
そしてありがとう!って言いたくて
マイケルのワークの時にしてみました。

他の人の時はかなりがっつり覚えていたんですが
終わってから、彼女の息子さんの事以外は
ぼわ~っとぼやけて薄らいでしまっていましたが
自分の中でちゃんと言葉にして伝えたことで
自分の中での関係性の捉え方が新しくなりました。

「違い」があるからこそ見えるものがある大事な繋がりもあると。
そして、相手ではなく
相手を通して自分を知る事が大事と


そして他のワークでは・・・
私が怖がっていたものが私のガイドだったとは⁉
・・・また次回に書きます。



Category : マイケル

自分を大切にすること

Posted by padome on 30.2017 0 comments 0 trackback
マイケル 

マイケルのセミナーで必ず登場するこの可愛いイラスト
パートナーのキャロリンが毎回書いてくれます☆

マイケルのインテンシブで毎日毎日言われることが
「自分を大切にする」
自分を尊重したり・・・
自分に対して批判やジャッジを無意識にたくさんしている事が
エネルギー的にも肉体的にも、悪影響を与えているかを教えてくれます。

「うん。うん。そうなんだ」って聞いてきましたが
今年のインテンシブに参加する少し前に

「人の事を批判したり、ジャッジしたりする事」がなんだかテーマで
ず~っと自分も周囲の人も観察して感じていました。
感情的に何かを訴えている人や、怒っている人も。



ここ数年、ほかの人が感情的に何か言っても
あまり巻き込まれなくなりました。もちろん気分は悪いですが。
悪いですが・・・観察していて気づいたのです。
「この人、自分がこうすべき!っていう考えが本当は好きじゃなくて
(こうじゃなきゃいけないっていう価値観から自由になれなくて)
でも、それを信じたいから人にも言う時に
感情のなんだかチクチクした痛いエネルギーが乗ってくるんだ!」と



だから、私はその感情に反応する事をしなければ・・・
私の中に同じような感情のエネルギーがなければ・・・
「何をどう言われても、そんなに痛むことはない」と。
そんなに・・・というのは、感情のエネルギーがトゲトゲのった言葉や怒鳴り声は
それを聞いている(受けている)人のエネルギーを傷つけるから


自分の中に引っかからなかった相手のエネルギーは??
もしかして言っている本人をざくざく傷つけるのでは?と
そんな風なことを考えたりしていました。


マイケルが「自己批判やジャッジ」は
自分の思考体→感情体から自分の肉体のハートを傷つけると言います。
でもそれが、他者に対してしても同じように
自分のエネルギーを傷つけるのでは?と考えていました。


今年初めてインテンシブの中で「自分の光の体(ライトボディー)」を見て
自分を尊重するイメージや思いの時と、自分を批判している時
嫌いな人の嫌いなところにフォーカスしてる時(みたいな感じ)の
時の自分のエネルギーの変化を見て びっくり!!

他の人に対してネガティブなイメージをしただけで
光の体は一気に暗くなって小さくなって行くのを知りました。
ずっと気になっていた事の答えでした。
イメージして、嫌な感覚を相手に持っただけで
こんなにも自分の光が暗くなって縮むんだ~!!!




ならば、感情に踊らされて語気を強めたり、怒ったりも
相手がどうであれ、自分のエネルギーに影響して
それが強かったら体にも影響するって事がわかりました。
確かに、感情が爆発して誰かに言いたい放題言った後って
ものすごく自分もどんよりしますよね。。。



こういう事も含めて「自分を大切にする」って言う事だな~と
今回しっかりと腑に落ちました。



私の場合。昔から結構人によって自分を変えたり
極端に気を使ったりしないのと、何十年も女性相手の接客業を
していたから、人に対して慣れてるというか・・・
自分にストレスなく気を使える所があるんですが
とても感情的になる人を見ていると
慣れていない人に対しては、とても気を使ったり
我慢したり、自分の意見を我慢したりしてる。。人が多い気がします。



多分自分で無意識に、自分を抑え込んでる部分があったり
そういうところに気づいたら
「自分がいつでも自分の居たいようにしていいんだよ~」って
声をかけてあげたり、気づいて励ましてあげたら
バランスが取れて来るのではないかな?と思いました。
そう単純じゃない事ですが、自分に対しての接し方を変えると
周りに対しても、ほかの人も変わってくるはずです。



私も、ほかの人がどんな状態でも
「す~っと自分の平安なスペースに早く戻れる」それを今意識しています。
だから無駄に、ちっちゃい事で、怒る事はNO!
不機嫌な店員さんに、不機嫌にサービスされても(笑)

自分が怒っても相手は変えられないから。
それで自分のエネルギー暗くしちゃうのはだめだめですね~







Category : マイケル

本当に聞くという事

Posted by padome on 18.2017 0 comments 0 trackback
a1130_000213.jpg 
マイケルのセミナーでは「本当に聴く」という事を最初に話をされます。
メモを取りながらでは、本当の意味では、聞いていないと。
3年前初めて参加した時は、メモ魔の私がメモを取らない。
「ちゃんと覚えてられるだろうか?」それがまず心配で仕方ありませんでした。

なので「どうしてもここは」という箇所はメモをしていました。
(メモしても別に注意されることはありませんから)

去年は、2度目の参加。やはりメモの用意をしながら参加しました。
すると・・・マイケルの話は大体去年と同じ内容なのです。

「え!?」同じ内容を5日間もしかしてするの・・・?
少し残念な気分になりながら、メモをすることをやめました。
(去年も聞いてるし)

1日2日とするうちに・・・不思議なことに気づいたのです。
前年も一緒だった参加者の人たちと話をしていて
「去年マイケルこの話はしなかったよね~」
「え~。話してたよー」
「でもこれは話してなかったよね~?」
「それ、いつも話してるよ!」

人によって、聞いてる部分とまったく聞いてない部分がある事に!
去年のインテンシブ以降「聞く」という事に意識をしだしました。

マイケルが言う通り
メモをしながら聞いていては、知識としてははいるけれど
本当の意味では聞いていない。

会話している時などでも、相手の話を聞きながら
自分の思考をぐるぐるさせて、それについての自分の事を考えたり
返答の仕方を考えたりしながらでは、相手の話を本当には聞いていない。
考えながらちゃんと聞くことは出来ない。

これを日常的に出来るだけ「聞くように」意識しました。

すると、今までいかに聞いている話の中で聞き逃しているものが
あることに気づきました。
(だからよく、何度も同じことを聞いたり、聞かれたりするのかぁ~。。。とも)

そうして今年のインテンシブでは
メモ用のノートすら持ち込みませんでした。
一応夜の時間にホテルで仕事のアイデアをまとめようとノートは
持っていきましたが、それすら開くことなく過ごしました。

今回もいつもと同じ話と、新しい話を混ぜながらのセミナーでしたが
実際はどれも私にとって「新しい話」でした。
過去のインテンシブの後、自分なりに意識したことや
行動に移したことによって、自分自身の視点が変わっているのだと思います。

同じ事でもひとそれぞれ受け取り方が違うように
去年の自分と、今年の自分は同じではないのだから

大事だと思った話を覚えていられなかったら・・・という不安も
なくなりました。
たくさんの話の中で、自分の中で思い出すことが今の自分に一番
大切な事。だからそれを実際に知識としてじゃなくて
自分がそう意識して過ごす事がどれだけのギフトになるか
そう気づいています。そしてそれを信頼します。

セミナーから帰った後も、どんなことを聞いて
どんなことが大事と思って
どんな経験をしたか・・・今年はむしろ書き出すまでに時間がかかりました。

講義で聞いた。インナーワークで体験した。
それらの事が自分のエネルギーレベルでそのまま
融合していくまで、しっかり思考は休ませておこうという考えに
いつのまにかなっていました。


今までスピリチュアルなスクールやセミナーで
録音したり、山のようにメモをしたりしてたもの。
無意味だったとは言いたくないですが、それでもどれだけの事が
今私の役に立っているんだろう。。と思います。
たくさんメモした中の、やはり一番印象に残って
そのように自分が意識して変えたものしか残っていない気がします。

知識をためる事より、実際に1つ2つでも、行動や意識を変える方が
素晴らしいんですね







Category : 未分類
HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。